脱毛の契約

エステの契約とトラブル時の対応について

ムダ毛をなくしたい、美白したい、小顔になりたい・・・
誰でも悩みはつきものです。
そんな女性(もちろん男性も)にエステやクリニックは大きな味方。
ただ、エステ選びは慎重に。トラブルや失敗はなるべく防げるように、事前に調査することも大事です。

よくあるトラブル

最近はお手入れ時のトラブルより、契約時のトラブルの方が多いかもしれません。
悪質なトラブルは少なくなっていますが、トラブルを回避するためには、
事前にしっかり情報を得て、自分自身で確認することが大切かもしれません。

契約時のトラブル

契約時のトラブルでよくあることは、お店のルールを事前に聞いていない、知らされていない、ということがよくあります。
例えば、当日キャンセルをした場合キャンセル料がかかるサロンが結構ありますが、契約時に説明がなかった、など。こういった場合、契約書には記載があるという場合があります。
もし契約書(約款)に記載があった場合、事前に説明がなくても、これは守らなくてはなりません。契約書に記載があり、コースの契約の時にサインや捺印をしていれば、これは契約(規約)を確認し、承諾しましたという証になるからです。
もし契約時の説明と契約書の内容が違った場合は気がついた時点ですぐに確認しましょう。

契約に関してはこちらをご参照ください。

利用中のトラブル

一番心配なのは、脱毛のお手入れ時の肌トラブルです。
やけど、毛のう炎、炎症、かゆみなど。
脱毛の契約の際、お手入れ時に起こりうるトラブルや回避方法を事前に説明してもらえると思いますが、念の為、こちらも契約の際に確認しておくと良いでしょう。
脱毛後数時間経過してから肌に異常が発生した場合、脱毛が原因と疑いましょう。
まず大切なのは、患部を写真に撮っておくことです。万が一エステの施術がトラブルの原因だった場合、証拠が必要になります。
赤み、炎症の症状だった場合、清潔なコットンに水(できれば精製水のような不純物がないもの)で湿らせ、冷蔵庫で冷やし、それをあてましょう。何より冷やすことが大切です。
その後は営業時間内であればすぐにサロンに電話をし、対処方法を確認しましょう。
医療機関にかかる場合も、必ず事前にサロンに連絡しておきましょう。しっかりしたサロンであれば、医療機関の紹介や、ドクターの紹介をしてくれるところもあります。
また治療費の負担などについてもサロンとよく相談すべきです。
ただしあくまでも脱毛が原因の場合です。施術前後に禁忌事項を説明されると思いますので、それを守らなかった場合には自己負担での治療となります。こちらもきちんと聞いておきましょう。

解約や変更などのトラブル

こちらは脱毛の解約のページでも説明がありますので、参照してみてください。
よく聞くトラブルは、解約を希望したのになかなか対応してもらえない、返金されないなどです。
トラブルにならないために、契約した時の概要書面や契約書は必ず保管しておきましょう。
契約書には必ず解約についてのルールの記載があるはずです(これは法律で決められています。記載がなければその時点でそのサロンは優良ではありません)。
電話がつながらない、たらい回しにされるなどもたまに聞きます。ここでは、わざと電話で対応してくれない、時間を作ろうとしているなど、悪意を感じる場合には、「消費者センターに相談します」と伝えてみましょう。第三者に介入してもらった方がスムーズに解決できる場合もあります。
ただし、サロンによっては例えば事務や管理業務の運営や処理は事務局や本社で行っており、土日や祝日には対応が出来ない場合もあるでしょう。処理に数日かかることは通常のことですので、そこはあまり深刻にならなくて良いと思います。
電話で深刻してから1ヶ月経っても何も動きがないなどとなれば、完全にサロン側の問題です。そこはしっかり連絡をとりましょう。

まとめ

トラブルは誰でも、お客としてもサロンとしても回避したいところ。
なかなか難しいとは思いますが、トラブルは未然に予防できるならそれに越したことはありません。起こりえそうなトラブルを上記で確認しつつ、もし該当しそうなことがあれば先手を打つことが重要です。
起きてしまったトラブルには冷静に、正確に対応していきましょう。
事故やトラブルの処理は自分で管理することがもっとも重要です。

脱毛の契約について

脱毛の契約については以下のまとめページを参照してください

脱毛の契約について